人生はアート創作

日常を短く
短く区切っていく
 
自分の気持ちや想いも
短く区切っていく
 
今この瞬間
自分に意識を在住させる
 
言葉にすると簡単だけど
これって案外難しくて
 
意識しないと
いつもどっかに意識がいく
 
 
今、今、今。
 
今に意識があると、今を感じれる
今に意識があると、味わえる
 
『わからない』
『決められない』
 
そんな言葉を発するのが
苦手だった私
 
それは
『 今 』が長すぎたからだと気付いた
 
 
今は分からないけど
1分後には、分かるかもしれない
 
今は決められないけど
次の瞬間、決めるかもしれない
 
それが私がやる必要があるならば
それをやる自分のタイムラインがあることを信じて
その自分へと委ねよう
 
そうすると
『 今 』の感覚を信じるということが
もっともっと軽くなってくる
 
 
一瞬、一瞬が重なり
カタチが生まれてくるアートのように
  
今という点が重なり
カタチが生まれてくる人生
 
全体像をみながら歩むより
今この瞬間を味わい尽くしながら歩んでいきたい

光たちは
そんな私の大切にしたいことを
絵を描く工程となり、観せてくれているのだろう

 
 
kumi noguchi
野口久美