何者でもない自分のままで。何者でもある自分のままで。

今年の4月に
生き方や活動を見直すきっかけをいただいて

5月から活動リニューアル
しながらも

『 自分 』という存在をより明確に
いろんなものを削ぎ落とし
輪郭を表しながら

今、改めてここに立っています。

この8月は特に
浄化や変化変容のエネルギーが
とても大きかったように感じます。

自分を見失いそうになったり
抜けそうで抜けないもどかしさがあったり。

でも水面下で
着々と準備が進んでいているのを感じる。

だからただ、抗わず、
どうにかしようとする自分をなだめながら

抵抗と自分の声を見定めて
焦らない、焦らないと自分に言い聞かせ
自分との絆を深めていくことに意識を向けた1ヶ月でした。

体調がすぐれない時は
身体の声に寄り添い

気持ちが落ち着かない時は
大きく深く深呼吸をして

そんなときの自分を
悪い状態だとジャッジすることもなく
どんな自分もこれが自分と許していく。

自分を責めちゃう自分もOK
なんとかしようと動きたくなる自分もOK
身体が追いついてない自分もOK

頭の中では
どんな自分にもOKを出して

やってることは
深呼吸と、絵を描くこと。

Instagramは投稿していたけど
ブログも新作を出すのも、ちょっと休憩。

絵を描きながらも
『 焦らないで、もうすぐ、もうすぐだから 』
というメッセージも受け取り

その感覚を信じて
本当にやると感じたことだけをやってきた結果、
自分の中で色んなものが精査され
少しずつ、また自分の光が大きく輝いてきている。

何者でもない自分のままで
何者でもある自分のままで

これからも絵と言葉を紡いでいきます。 

野口久美