どういうことでもなく『そういうこと』

ゆっくりと呼吸をしていたら、懐かしい感覚に包まれました。

自分の世界と、他の世界。

いくつもの世界たちは、同じものであり、違うもの。

地球にいる肉体のわたしは、” 野口久美 ” というひとつの視点からの体験を選んでいるけど、意識のわたしは、同時にすべてを体験をしている。そんな感覚。

 

あぁ、子どもの頃、同じことを感じていたなぁ。

50分の学校までの登校時間。

無言で、てくてくと歩きながら。

 

あのころは、どういうことだろうと考えすぎて、途中でわからなくなって。

そのまま、放置していたなぁ。

 

どういうことでもなく、『 そういうこと 』。

 

説明できなければ『ない』ということはなくて。

説明できないこともたくさん『ある』。

 

きっと大切なこと。

そう思うから、たくさん感じていこうと思います。

たくさん感じたその先に、またお話しできることがあったら、またブログに綴りたいと思います。

 

kumi noguchi ✴︎ 野口久美