もう隠さなくていいよ、隠したくない、隠さないで!【ピーチスノウde曼荼羅】

野口久美です。

先日、人間色彩学のピーチスノウの羽白真奈美ちゃんと曼荼羅パステルアートをコラボして、体験会をやりました。

初めての試みのコラボ。

場所もお寺ということで、とても楽しみにしていました。

 

人間色彩学のピーチスノウで個性診断

まずは、ピーチスノウのお時間。

この時間は、12色のカラーを使って個性診断をします。

参加してくださった久美さんは、ピーチスノウ個性診断を体験されたことがあり、もうご自身のカラーはご存知。

参加者もお一人で時間もあったので、カウンセリングをしてもらいました。

 

真奈美ちゃんの、相手の心を感じて、瞬時に判断し、言葉を引き出すカウンセリング。

カラーは単なるツールであって、結局は、ご自身で話されてご自身で解決される。
その気付きのきっかけを作るのが私の仕事。

そんな風なことを言われていました。

30分ほど2人でお話をしていたら、なんだかすっきりされたお顔になられて♪

人の心に寄り添いサポートする話し方を聞きながら、私も勉強させていただきました。

 

個性の色で曼荼羅パステルアート

お話をしてすっきりされた後は、曼荼羅パステルアートの時間。

久美さんは曼荼羅ワークショップにも参加してくださっているので、こちらも細かい説明は割愛し。

自分の個性のカラーを画用紙の中心に持ってきてもらうことだけお伝えして、自分を感じてもらいました。

お2人とも、ご自分と向かう時間は普段から取られている方だったので、後は自由に描いてもらうことにしました。

ほぼ会話なしで、自分と曼荼羅に集中。

黙々と作業をしました。

 

完成した曼荼羅パステルアートをシェア

曼荼羅の時間は、だいたい2時間弱。

それぞれの色で、思いのままに描いてもらった曼荼羅が完成しました。

完成した曼荼羅をシェアして、感じることをお伝えしたり、カラーから見ていったり、形から見ていったり。

 

私は色の読み解きではなく、曼荼羅を見てどう感じるかを重視しています。
(もちろん色が伝えるものも受け取ってはいます)

その場で出た言葉に、正解・不正解はなくて。

場を共有したメンバーにも意味があり、その時発した言葉にも意味があり、その言葉を聞いたことにも意味がある。

シェアするということは、その場にいるみんなが耳にするので、全員に必要なメッセージだったり。

その場で出た言葉を聞いて、自分がどう思うか、どう感じるか、どう反応するか。

ここ、重要だと思っています。

 

個性オレンジの、久美さんの曼荼羅。

 

個性ブルーグリーンの、真奈美ちゃんの曼荼羅。

 

個性マゼンダの、私の曼荼羅。

 

完成した曼荼羅と、その場でシェアしたみんなの言葉と。

それを一旦持ち帰り、一人になった時にどう感じるかも、向き合ってもらいたいなと思います。

シェアした場所では、思っていても言葉にできないことや、あえて言わなかったこともあるはず。

瞬時に出た言葉には意味もあるけど、実は仮面をかぶっていた言葉だったり。

あ、もちろん全てがそうではないです。
そういうこともある、というお話です。

 

だから、もう一度お家に帰ってから、振り返ってもらいたい。

私は毎回、その時間を取るために、ブログを書きます。

自分を整理し、頭ではなく心で感じるために。

すると、打ち込んだ言葉を見て、さらなる気付きがあるんですよね♪

 

 

ピーチスノウde曼荼羅を描いてみて

話がそれてしまいましたが、今回、私も初めてピーチスノウde曼荼羅を体験しました。

いつも、気になる色、思いのままに描く曼荼羅ですが、今回はテーマがありました。

 

私の個性は、マゼンダ。

12色の中で唯一の人工色で、夢と現実を繋ぎあわせるのが得意な色だそうです。

普段全然使わない色だったので、マゼンダを前面に出してみました。

 

マゼンダを使う前、ドキドキしました。

普段使わない色だからか、自分の個性の色だからか?

なんかね、抵抗はなかったんだけど、しっくりきていなかった。

私がまだまだ個性を全部認めてないのかなぁ〜とか。

だから、前面にマゼンダを使ってみて、自分の個性カラーを認めることから。

 

形を消していくうちに、自分の花がひらいてきた感じがして。

枠を突き抜けようってしているなぁと。

花の周りにはこんな感じに、ぐるっと2周の円を描いていたんです。

内側の円はほぼ消えています。

外側の円は半分くらい?

これね、シェアした時の言葉を聞いて、そして同じタイミングで自分でも思ったんだけど…

私の青龍に守らせてるなぁって思ったの。
(私の守護龍が、青龍なんです)

 

今までバリアをはって、守らせてる中で自分の花を咲かせていた。

だからだもんね〜、青龍が傷ついているの。

守ることによって、自分が傷ついているとは気付かなかった。

 

「変な人って思われたくなくて、自分が感じるものに自信がなくてずっと隠してきた」

シェアしている時に、私からそんな言葉が出てきた。

もう隠さなくていいよ、隠したくない、隠さないで!

そう自分が言っているような気がした。

 

今回のお2人は、すんなり受け入れてくれました。

隠さなくていいじゃんって言ってくれました。

きっと隠さず生きていたら、そう言ってくれる人と繋がっていける。

そんな気がしました。

 

バリアにパキパキってヒビが入った瞬間でした。

私の花、もっともっと広がるよ〜♪

 

 

まとめ

ピーチスノウde曼荼羅パステルアート、初めての試みで急遽開催した体験会。

思った以上に気付きがあり、続けていきたいなぁと思っています♪

 

場所を貸してくださった、佐賀県杵島郡江北町にある正昭寺さん。

想像以上にとても素敵で、「ずっとここで曼荼羅を描いていたい」という気持ちになりました。

 

お寺って、ちょっと暗いイメージを勝手に持っていたのですが、とても明るくて綺麗で素敵な場所でした。

また、正昭寺さんでやりたいなぁ〜♪

"感じる" 感覚を取り戻す。曼荼羅アートワークショップ

忙しい日常生活の中に、セルフセラピーの時間を作りませんか?
 
自分と向き合う時間、自分に意識を向けて表現することで、溜まっていたものが流れ出して心が軽くなり、繰り返すことで "感じる"感覚が戻ってきます。