光のつぼみ

内に眠る 神聖な光
誰にでもある光のつぼみ

ここだよ こっちだよ
あなたの中で呼んでいるよ

ほら 花開く

いち枚いち枚 美しい花びらを
透き通るような繊細な花びらを

光のつぼみは眩し過ぎるくらい
輝いている

さぁ目覚めよ
ここから始まる

新たなスタートだ

〜 kumi 〜

内側から湧き出てくる、眩しい光に気付いている?

私にはそんな光ないよって思わないで。

みんな持ってる、光のつぼみを。

もう開き始めている、光の花が。

自分を信じないことは、咲こうとしているお花に「咲かないでいい、咲かないで!」って抑えるようなもの。

大丈夫、咲いても怖くないよ。

自分で自分を愛してあげて。

優しく包み込んであげて。

子供を包み込むように。

ペットを包み込むように。

大丈夫だよ、咲いていいよ。

きれいだねって声をかけてみてごらん。

ほら、あったかくなってきたでしょ?

心の奥底で小さなつぼみが一生懸命花開こうとしているの。

赤ちゃんが初めて寝返りするときのように。

赤ちゃんが初めて立ち上がるときのように。

さぁ、ここから始まるよ♪