感じる感覚を取り戻す。曼荼羅パステルアート体験

感じる感覚を取り戻す。曼荼羅パステルアート体験

野口久美です。

パステルを使って、曼荼羅(まんだら)を描くワークショップです。

色と触れ合い、無心で作業することで、自分と向き合う時間をご一緒しませんか?

曼荼羅は、manda=心髄・本質、la=得るという意味があり、『本質を得る』という意味があります。

描かれる曼荼羅は、まさにあなた自身。

自分でも気付いていない心の中(無意識の部分)が、曼荼羅となって表れます。

自分の内側に意識を向ける

みりいの体験では、心の赴くままに自由に描いてもらいます。

好きな色を感じながら、好きなように塗っていく…

ワークショップの時間は、周りからの目を気にすることなく、あなたにとって安心安全な空間をお作りします。

表現は自由。

曼荼羅の基本的な描き方をお伝えしますので、あとは好きなように表現していきましょう。

●こんなお悩みありませんか?

・毎日忙しい日々を淡々と過ごしている

・忙しいわりには充実感が得られない

・自分がどうしたいのかわからない

・何を感じているのか、自分の感情がわからない

パステルを使って色に触れ、無心で塗っていくことで、今を感じていく。

感じていることを出し切ったら、今度は形を使って消しながら、整理していきます。

整った形の曼荼羅を描くことで、揺さぶられていた心が落ち着き、癒されていきます。

曼荼羅は、いつしか自分を守るために閉ざしていた “感じる” という感覚を蘇らせてくれました。

平穏と思っていたけど、ただ感じないように蓋をしていた過去の私。

ずっと奥に眠らせていた感情を、少しずつ出して、浄化していきます。

曼荼羅は『瞑想と同じ効果がある』と言われています。

色を手で塗ることでカラーセラピー効果もあり、また、無心になることで忙しい日常やストレスから解放されて頭がすっきりします。

作業に集中することで、ゆっくりと自分の内側に意識を向ける時間を作ります。

自由に表現する

みりいの曼荼羅パステルアートワークショップでは、お手本となる曼荼羅はなく、自由に描いてもらいます。

その日、その時に選んだ色を塗っていきます。

今ここを感じることに意識を向けて心を落ち着かせて。

内側からこみ上げるものを、しっかりと受け取ってあげます。

大人になるにつれて “ご自由にどうぞ” と言われると、周りの目を気にして本当に自由にはできなくなっていませんか?

最近は、子供でも多い気がします。

自由にいいよというと、何をしていいか分からない。

自然と、「正解」を見つける思考がクセになっているんです。

この世の中に、正解はありません。

わたしは “きれいに描く” や “うまく描く” ことには、全く興味がありませんので、ご安心ください♪

参加される方々が安心して心を表現できる場をお作りします。

データでは決められない自分だけの感覚

カラーセラピー効果もある、曼荼羅パステルアート。

この色を選んだからこういう心理状態、この色はこういう意味がある。

確かに統計学やデータで信頼性の高いものですが、人の心はそれだけでは決められないと私は思います。

選んだ色から、自分がどう感じるか。

色を塗りながら、何を連想して、何を感じるか。

そこに気付くことを大切にしています。

選んだ色や描いた曼荼羅からの分析はいたしません。

分析をすると、無意識に、言われたことを正解にしてしまうんですよね。

答えは外にはありません、あなただけが知っています。

自分の内側に意識を向ける時間を作ること。

『色を塗る』という作業によって、自分の心に眠る想いに気付くこと。

意識的に “感じる” ことに時間を取り、失いかけた感覚を蘇らせるきっかけにしてもらえると嬉しいです。

ワークショップのご感想

これまでワークショップに参加された方のご感想です。

・凄く楽しかった!

・無心になって取り組むことができたので、頭の中もスッキリした感じがする

・額に飾ってる曼荼羅取り出して眺めていました

・見てると癒されるし、愛しい感じがする

・家でも描きたくて、道具を揃えました

・自分が出したい色とはちょっと違ったんですが、それはそれで、今の自分なんだろうな

・集中して描くって、心がリセットされるみたいで、心地よかった

・気付きがたくさんありました

ご参加の方々の曼荼羅です。

毎月ご参加くださる方もいて、定期的なセルフセラピーの場所として使っていただいています。

私は、曼荼羅を何枚も描いていくうちに心が解放されていきました。

何を感じているのか言葉にできない時もありますが、その時々で違う曼荼羅が、慌ただしい毎日では気付かないところに気付かせてくれます。

自分だけの曼荼羅アートが完成します

曼荼羅を描いている時も癒されますが、完成した曼荼羅を見て、さらに癒されます。

自分がエネルギーを込めて描く曼荼羅だからこそ、自分へのメッセージが詰まった、自分だけの曼荼羅が完成します。

完成した曼荼羅は、ぜひお家に飾って、毎日癒されてくださいね。

私がこれまでに描いた、曼荼羅アートの一部です。

写真ではなかなか色が出ませんが、本当に綺麗です。

また、自分で描いた曼荼羅には、愛着が湧いてきて愛おしくなってきたりします。

曼荼羅は、無意識の自分が形になったもの。

内側に眠る『美しい光の種』に気付くきっかけになれば嬉しいです。

 

曼荼羅パステルアートは、色をのせたあと、消しゴムを使って色を消して描いていきます。

絵を描くのとは違いますので、絵を描くのが苦手な方でも安心してご参加くださいね。

 

想いや感情を言葉に変換する

曼荼羅が完成したら、完成した曼荼羅を見て、言葉を添えてもらいます。

描いている時にどんな感情が出てきたか。

どんなことを想っていたか。

普段、感じることは意識しなさすぎて、いざ言葉にするとなると、最初はなかなか難しかったりします。

なので、あえて “言葉” に変換してみる。

このワークをすることで、日頃感じている感情や感覚、想いなどに気づきやすくなり、今の自分を知ることにもつながります。

 

開催情報

曼荼羅パステルアート体験の開催情報です。

【日時】9月10日(火)

【時間】
10時〜12時半

【参加費】
3000円/人 
※材料費込み

【定員】
4名さま  → 3名さま

【場所】あおぞら教室(佐賀県佐賀市大和町大字久留間3176-1)

【持ち物】
全てこちらで準備しますので、お持ちいただくものはありません

【お支払い方法】
当日、現金でお支払いをお願いいたします

投稿日:2017年8月18日 更新日:

執筆者: