冷めてる自分が嫌いだったと気付き、今までの行動の理由がわかった【色彩心理カラーアートセラピー】

野口久美です。

今月の色彩心理カラーアートセラピーは、原田眞理子さんとマンツーマンでしていただきました。

月1でお会いしている眞理子さんには、不思議となんでもお話しできて。

いつもリラックスできます。

 

今日のウォーミングアップでは、私の悩み・不安にアクセスし、瞑想しながら答えを探しにいきました。

目を閉じて色を選び、目を閉じたまま描く。

視覚を閉じて、肌で感じてみました。

 

選んだ色は、パープル。

目を閉じている時に浮かんできた映像をそのまま表現して。

左下から右上に向かって、波打つような優しい曲線でした。

【寂しさと戸惑い】

これでいいのか…

今のうちにやることはないか…

心の奥底で、声をあげる。

けれどなぜか落ち着いていて。

それでいいんだよって声も聞こえる。

不安にならなくて、大丈夫。

それでいいんだよ、大丈夫。

 

いつも冷めた自分に不安がありました。

感情的にならないのは、冷たいの?

情がないの??

 

子供の頃からよく言われていた「冷めてるよね」って言葉。

「そう、冷めてるんだよね〜」

と言いながら、冷めてる(=冷たい)のはいけないって思っていたようです。

 

私って、冷たいのかな。

相手の気持ちが理解できなくて、一緒に感情的になれない。

人の気持ちがわからない。

自分のことしか考えていないダメなやつ。

 

自覚はなかったけど、ずっと自分をそう思ってきたようで。

だから、冷たいやつと思われないように、必死にテンションあげてるふりをしてた。

周りから見たら、テンション低いんだけどね。

ノリにのったつもりで滑ったり(笑)

 

今、ブログ書いてて、気付きました。

あ〜、コミュニケーションに壁を感じてるのってここだぁ、私。

 

眞理子さんとお話ししていて、冷めてる(=冷たい)っていうより、冷静なんだよって言ってもらえました。

冷静に物事を受け止めて判断してるから、感情が反応する度合いが低いだけ。

 

そっかぁって、楽になりました。

自分のことでも一歩引いて、冷静に見れるんですよね。

慣れていない出来事には反応しちゃうこともありますが、それはまだ私の経験が足りてない部分。

私、冷めてるんじゃないんだぁって、嬉しかった。

私、その場を盛り上げることのできる人や、明るく元気で周りを巻き込んで笑顔にする人が大好きなんです。

それは私自身が、自分を冷めていると思っていて、冷めている人<盛り上げる人と判断していたからなんでしょうね。

 

講座に行く前は、そんなことで悩んでいたことにも気付かなかったのだけれど(笑)

瞑想して、ウォーミングアップで気付かぬ心の奥底の悩みに気付くことができました。

 

時間を忘れていっぱいお話しをしたあとは、今日の本題。

曼荼羅塗り絵をしました。

曼荼羅塗り絵も活動に取り入れていきたいなと思っていたので、嬉しい〜♪

どの曼荼羅を塗るかも自分で選び、心の中を意識しながら、自由に塗りました。

 

完成したのが、こちら。

涙、涙の話のあとに、意外と楽しそうな可愛い曼荼羅。

見ていると楽しくなってくるような、ワクワクした曼荼羅になりました。

 

私が比較的いつも使う、イエロー、ブルー、パープルに加え。

滅多に使わない、オレンジ、グリーンがたくさん。

いつもの冷静な落ち着いた私の中に、楽しそうなワクワクしたものが溢れ出てきているような感じがしました。

 

これから、曼荼羅とかアートやカラーセラピーの活動も増やして行きたいなぁと思ってるところに、いろんな刺激をもらってワクワクしているのかも♪

ウォーミングアップで、あれ?私落ち込んでるの?って思ったけど、そうでもないらしい。笑

私の中にある色んな色の木や花を、それぞれの方向で元気に育てていこう♡
 
 

講座のあとに、用意してくださっていた玉屋に入っているパン屋さんのパンをお昼に…といただきました♪

紅茶もおかわりいただいて…

幸せ…♡
 
 

眞理子さんとお話して講座を受けると、心がすっきりするんですよね〜。

私もそんな存在になりたいな。

今日もありがとうございました♪