画材・素材からのメッセージ【カラーアートセラピスト養成講座・初級編】

野口久美です。

ぬりえアートセラピー・アートセラピーの柴田(古谷)雅代さんのアートセラピスト養成講座初級編の2回目は、たくさんの画材と素材を使っての講座でした。

使う画材や素材によって、特徴や意味・効果も違うということで、様々なものを目の前に、準備の段階で、テンションが上がる…♡

それぞれの画材や素材にある意味を学んだ後は、私が実際に使ってどう感じるかのワークをしました。

描いた本人がどう感じるか。

私が一番大切にしているところです。

感じ方は人それぞれで、正解なんてないんですよね。

そこが、カラーアートセラピーにはまったところでもあります。

 

絵の具を使って体験する

それぞれの画材の意味はあるけれど、受け取るメッセージや与える影響は人それぞれ違うもの。

同じ人でも、その時の状態次第でも変わってくると思います。

私が画材を使った時に、どう感じるか。

いろいろな書き方で試してみて、実体験しました。

 

こちらは、絵の具。

絵の具を使うのなんて、何年?何十年ぶり?

美術が大好きだった私は、子どもの頃は、水彩画が一番好きでした。

海に絵の具を持って行ったりして、外で絵を描いていました。

 

大人になり、いつの日からか。

家が汚れるからと絵の具を出さなくなり、子供が使いたいと言っても家の中では絶対に使わせない!と思うように…

久しぶりに絵の具を使って、気持ちが洗い流されるような、清らかな優しい気持ちになりました。

 

 

クレヨンを使って体験する

月1メンテナンスの色彩心理でも使っているクレヨン。

私自身は、子どもの頃からあまり好んで選ばない画材ですが。

ワクワクしながら気持ちを出したい時には、向いてるな〜と感じました。

 

ワークでは、ネガディブなイメージでも使いました。

月1の色彩心理の講座でよかったのでたまにやっている方法。

これはやっぱり効果大。

モヤモヤや悲しみを感じながら書きだすと、感情に振り回されずに冷静になれたりします。

気持ちを出したい時に使いたい画材ですね♪

 

 

色鉛筆を使って体験する

一番気軽に使えて、小さい頃から大好きな色鉛筆。

力の入れ方次第で、淡く優しくなったり、強く鮮やかになったりするのが好きです。

クレヨンと比べると軽い感じで、思いっきり塗っても気持ちが発散されることはあまりないな〜と思いました。

気持ちが安定する、ゆっくり穏やかな気持ちになれる。

私はとても冷静になれたので、気持ちを整理したい時に使えるな〜と感じました。

 

 

パステルを使って体験する

今一番身近な画材のパステル。

淡くふわっと流れるような、暖かみのある色合いが好きです。

曼荼羅パステルアートでも使っているパステルは、使っていて包み込まれるような安心感と心地よい癒しを感じました。

こうやって描いてみると、私のコンセプトと同じ意味を感じているんですよね。

だからパステルが好きなのか〜♪と納得。

パステルを使って癒される時間が、私にとってみなさんに広めたい、共有したい時間なのかもしれません。

 

いつも画材を淡く使う私ですが、クレヨン同様、こちらもネガティブなイメージで使ってみました。

パステルって…こんなに色が濃くなると思ってなくて。

使っているパステルが柔らかいものだったので、クレヨンよりも力を入れずとも強く描けて、衝撃でした。

切なく、自分の外側にぐるっと一周壁を作ったような感じがしまして、塗っている最中に涙が込み上げてきました。

 

私の受けた印象だと、

クレヨンは、表面上に出てきていたり、ちょっと気付いていた感情を発散するとき。

パステルは、もっと深くの気付いていない感情に気付きたいとき。

に使えそうな、そんなイメージでした。

 

 

 

マーカーペンを使って体験する

マーカーペンも身近で20色セットを持っていますが、久しぶりに使いました。

色が混ざらないので、何かを作ったりする時にしか作っていませんでしたが、楽しかったです。

子どもの頃に返ったような感覚でワクワクしてきて、落書きやるぞ〜とどんどん描きたくなりました。

 

意外にも、今回の画材の中で一番描き続けていたい画材でした。

思えば、広用紙に学級新聞を作ったり、学祭の時にダンボールに看板を描いたり、好きでした♪

ワクワクした企画をしたり、楽しみたい時に使えそうです。

 

 

工作系を使って体験する

一番楽しみにしていたのが、工作系のコラージュ。

工作系ってなかなかやらないので、準備の段階からワクワクしていました。

こちらは、未来をイメージしたコラージュです。

ふわふわの毛糸は、優しく包み込む安定感。

ハートの発泡スチロールは、優しい愛・癒し。

デコレーションボールは、ワクワクがいっぱい詰まったアイディア

羽は、自由に飛んでいくイメージ。

 

未来をイメージして作るコラージュは、とにかくワクワクがいっぱいでした。

開放感があり、自由に、私が求めているもの・こうなりたいというイメージを一枚の画用紙に表す。

これはいいっ!!!とハマってしまいました♡

子供とも気軽に楽しんで出来そうなので、今度家族でやってみます♪

 

 

まとめ

色だけでなく、画材や素材、モチーフや位置などからも読み解けるカラーアートセラピー。

今回画材の意味を初めて知り、実際に体験することで、さらなるワクワクが込み上げてきました。

何気なく選んでいる画材や素材にも、何か自分からのメッセージがあるのかもしれませんね♪

 

そして今回、画材を使いながら心の奥底の想いも出てきました。

ワークの中には、描き方やイメージを意識して描いたものもあるのですが、それでも私の中にあるものを描いているんだろうな〜と実感。

まだまだ気付いていないところがたくさんありそうです。

 

雅代さん、ありがとうございました。

次回の講座も楽しみにしています♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA