”わたし” という生き方

どんなふうに生きるか。
 
思えばずっと、そこに向き合ってきた。
 
自分との対話を大切にしながら

「どう創っていく?」
と、その都度、その都度、問いかけながら。

 

 

『 何を大切にしていきたい? 』

『 本当はどうしたいの? 』
 

自分の気持ちに制限をかけずに、無限の可能性を信じながら。

 

 

  
それを大切にしてきたのは、内からの声があったから。

 

” わたしはもっと自由だよ ”

” それ、まだまだ制限かけてるよ ”

 

無限の創造の可能性を信じ切ることができずに
どうにか、こうにか、これならやれるかな?を選んでいたから、ずっと湧いてきていた想い。

 

 

”わたし” という生き方は、わたしにしか創れない。
 
わたしが何を感じて、どう生きるのかは、他の誰でもない自分で創り上げていく。
 

 

何がよいかどうかは、自分次第。

どんな生き方がいいかを、他人の価値観に当てはめないで。

源のわたしは、ずっとわたしにそう伝え続けてくれていたんだろう。

 

 

生き方とか、人生、と聞くと
とても長くて大きいものに感じるかもしれない。

でも、生き方も人生も

今この瞬間、自分が何を選んでいくか。

ただそれだけなんだ。

 

その一粒一粒が、奇跡となり、自分の生き方へとなっていく。

だから、何を選ぶのかを、人任せにしないこと。

最初は決められないかもしれないけど、それでも自分で決めると、決めていく。

それが、自分を生きるということ。

 
野口久美