スピリットとの対話

決断のとき。

そんな感覚が入ってきた。



「 大きな変容を迎えた 」

そう思ったら、またすぐ変容がやってくる。



こうやって毎瞬、毎瞬変わりながら、進んでいく。

それが、宇宙なんだろう。

止まることなんて知らない、いつも変わり続けている。



今度はね、何を決めるの?って自分に聞いてみた。

肉体のわたしの内にある、光のわたしに。

帰ってきた答えは、『 自分のスピリットを生きること 』




スピリットっていうと怪しいって思う?

わたしのブログを見てくれている人は、そうでもないかな。

常識とか、社会性とか、そんなのぶち壊して。

自分の感覚に従って生きる ということ。




感覚に従っていたら、社会性なんてなくなる。

やるって言ったのに、やらないとか、ザラ。

わたしがやることがコロコロ変わるのも、感覚には嘘がつけないから。




これまでは、人に迷惑がかからない範囲でやってきた。

つもりだけど、結果、迷惑もいっぱいかけてきた。



感覚がどんどん敏感になってきて、迷惑をかけないように、どんどん人との約束ができないなって思ってきて、自分でどうにかなる範囲で動いていた。

誰かと一緒に仕事をやるとか、できないって思ってた。

自分ひとりの世界ではできることが、人と関わるときは、封印してた。

だから、ひとりの世界が好きだと思ってたんだ。




そんなときにきた感覚。

『 その恐れを超えてみて。大丈夫だから 』って。



これからどんどん広がっていく。

本当に分かち合える仲間も増えていく。

そのままのわたしで、人に迷惑をかけない範囲を自分で決めるんじゃなくて、わたしってこんな人ですって、表に出していってって。

そんなわたしでいいよ、そんなわたしがいいよっていう人たちが、集まってくるよって。




わたしは感覚を見ないふりしたり、嘘ついたりしたくない。

したくないというか、できない。

その部分では、大人になれなかった。

だから、それを貫きたいなら、ひとりでいることを選んでたんだ。




約束を守ろうとすることより

常識に従おうとすることより

その時の感覚を大切にしていく生き方を貫き通したい。


そんな気持ちは、これまで自分が守ろうとしてきたことたちを教えてくれたし、それによって受け取ってきた恩恵も教えてくれた。




でももう、大丈夫。

わたしが、一番の理解者でい続けるから。





” 理解されないまま、あり続ける ”

その覚悟が、ようやくできたかな。



野口久美