答えは自分の中にあるの本当の意味

野口久美です。

”答えは自分の中にある”

わたしが大好きな言葉です。

今日はこの、「答え」について、書きたいと思います。

 

答えは外にはない

自分に自信がない時、
物事を自分で決められなくて、外へと答えを探しにいきます。

何が正しいのか、どの道を進むべきなのか。

自分が進んでいる道は、合っているのか。

いろんな情報をかき集め、助言をしてくれる人に頼り、誰かが出した答えを信じて、そこに自分を近づけようとする。

けれど、それは答えではないので、そこに近づけない自分はダメだと思い込み、落ち込むループにハマったり。

誰かが出した答えは、誰かにとっての答えであり、あなたの答えは、あなたの中にしかないのです。

 

正解を探している間は答えは見つからない

”自分の中に答えがある”

「そっか!自分の中に答えはあるのか!」と気付いた人たちは、今度は自分の内側の答えを探します。

自分の中のどこかに正解があると信じて、探しまくる。

答えは自分の中にあるのですが、答え=正解と思っていると、自分探しの負のループにハマってしまいます。

わたしも以前、どこかにある答え(正解)を探していました。

これをやると、グルグルと抜け出せない渦に巻き込まれます。

いつまでたっても答えにはたどりつかないんです。

覚えておきたいのは、”正解はない” といういこと。

 

私たち日本人は、子供の頃から「回答」という正解に近づけるということを学んできました。

どこかに100点の回答があり、そこから減点方式に採点されていく。

それは習慣の一部となっているのです。

 

けれど、人生には、「正解はない」のです。

ない正解を探しているうちは、残念ながら、答えにたどり着くことはありません。

 

答えは探すものではなく、自分で決めるもの

じゃぁ、答えって何?

そう思いますよね。

わたしも、そう思っていました。

  

答えとは、「自分が決めるもの」なんです。

自分の内側から湧き出てくる思いに従い、自分で決めていくもの。

正解はなく、その都度、自分で決めて、決めたことを ”答えにしていく”。

自分で答えを創りあげていく。

それが、「答えは自分の中にある」の本当の意味だと、わたしは思っています。

 

最後に

失敗したくない
間違えたくない

自分に自信がないと、本当にいいのかな?と、自分で決めることができずに、誰かに決めてもらおうとします。

誰か(何か)に決めてもらう人生は、自分の人生を生きていることにはなりません。

 

正解がないのであれば、間違いもありません。

自分で決めて、決めた方向へと進んでいくだけ。

そうすることで、自分だけの人生が創られていきます。

 

自分の人生、自分でハンドルを握り、進んでいきましょうね♪

それが、自分を大切にすることに繋がります。

 

あなたが己の人生を歩みますように、心を込めて。

あなたがあなたでいてくれて、ありがとう。

 

 

 

作品集【SOURSE-源-】予約受付中

KUMI NOGUCHIオリジナル
 
どこかにある答えを探すのではなく「自分の中から声を引き出す」カード。
50枚の原画を6㎝×6㎝のカードにして、気軽に手にしてもらえるアートになりました。
 
 
カード遊びをしながら

◎自分へと意識を向ける時間を作れる
◎感じる感覚を取り戻す練習ができる
◎自分の感覚を信じる練習ができる
◎答え探しの人生ではなく、自分で描いていく人生の一歩となる
 
どんな時も
自分の真ん中へと戻り

自分軸を持ちながら
人生の道を切り開いていく。
 
そんなカードになると嬉しいです。