カラーセラピーと曼荼羅【曼荼羅パステルアート】

こんばんは。野口久美です。

先日、『曼荼羅パステルアートインストラクター養成講座』のラストでした。

カラーセラピー体験をして、そこで出てきたサポートカラーを使って描きました。

 

まず、色を選んでいくのですが。

私が黒と同じくらい選ばない色が、オレンジ。

以前は好きだったんです、オレンジ。

でも、最近オレンジが妙〜に嫌だった。

 

オレンジが私に与えている印象のキーワードは、『焚き火』。

どうも、気持ちのままに突き進んで、いつか今抱いている想いが焚き火のように消えてしまったら…という不安があったみたいです。

自己セラピーだったので、人から誘導されることもなく、すべてが自問自答。

もう納得しかなかったです。

 

私は興味を持つものが多く、新しいことにはどんどん挑戦したくなります。

が、冷めやすいのも事実。

ワクワクして、やりたいと思って突き進むのは良いけど、心のどこかで、それが一時的な感情ではないかと不安に思っていました。

 

それに対し、自己セラピーを進めていくうちに出てきた言葉が、『もし間違っていても、光は必ず指すから大丈夫』。

まだ起きぬ未来のことに対して、不安を持っても一緒。

間違っててもいいじゃない?

『今』ワクワクするのなら、やってみていいじゃない?

未来のために行動するのではなく、今やりたいことをやっていこう。

 

サポートカラーに選んだのは、イエロー。

どうしても天使の羽根のモチーフで描きたくなりました。

たとえ、今やっていることが違っても。

たとえ、情熱が燃え尽きてしまっても。

いつも天から光り照らしてくれる。

だから心配せず、進んで大丈夫。

間違っていることなんて、ないんだよ。

今を生きよう。

 

そんな勇気を与えてくれるような曼荼羅になりました。

何かをやり始めるのには、勇気がいる。

勇気を出して進んだ先には、進まないと見えないものがあると思う。

 

こちらは、みんなの作品。

それぞれが、それぞれらしい曼荼羅。

誰が描いたってわかるくらい、個性が出ますね〜、面白い♪

 

 

インストラクター講座最終回だったので、時間の制限なく家で描いてきた修了作品のシェアもやりました。

私の修了作品は、こちら。

ひたすら円を消し続けた曼荼羅。

描く前に瞑想をして、出てきた色合いをそのまま描きました。

 

いつもブルーやイエロー、グリーンなどが多いのですが、珍しくピンクとパープル。

淡〜い色合いで、暖かい水面のイメージです。

 

みんなの修了作品。

講座とは違い、時間が限られていないので、みなさんいつもとは一味違う感じ…♡

 

まだお会いして2ヶ月ほどの皆さんですが、もっと前から知ってるみたいな感じ。

一緒に曼荼羅を描くことができて、とっても楽しかったです♪

 

この素敵な時間に学んだことを、これからの活動に活かしていきます〜!

講師の陽子さん、みなさん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA