私の憧れの人【なりたい自分を思い出す7つの質問】

こんばんは。野口久美です。

 

なりたい自分ってなんだろう?

自分らしさってなんだろう?

そう思っていた時に配信され始めた、中尾亜由美さんのメルマガ「なりたい自分を思い出す7つの質問」。

中尾亜由美さんは、私が作家としてやっていこうかどうか、この先どうやっていいったら良いのかわからず、真っ暗闇の中にいた時に出会った、私のメンターの1人です。

 

この先、どうやっていくのか。

私って結局、何をやりたいんだろう。

2度目の暗闇がモクモクと目の前を覆い尽くそうとしていた時だったので、もうやるしかないですよね〜。

私のために作ってくれたんじゃないかと思うくらい(笑)のタイミングでした。

 

ノートに書いてアウトプットしていましたが、ブログでアウトプットする方がいいなぁと思って書いてみました。

 

憧れの人はどんな人?

第1回目の質問は、『憧れの人はどんな人?』

 

私は、いろんな人に憧れます。

母親として憧れる人もいれば、バレーのプレーヤーとして憧れる人もいるし。

この人ステキ♪って方はたくさんいるけれど、その中でも特に憧れている人は・・・

中尾亜由美さん

浅井舞さん

内藤勲さん

かな。

 

亜由美さんは、作家としてはもちろん、母親としても、人としても、憧れています。

しっかりとした芯があり、透き通った美しさもあり、とっても愛の深い方です。

私が、人としてこの人みたいになりたいと、初めて思った方です。

 

浅井舞さんは、お会いしたことはありませんが、Facebookでのお友達です。

舞さんが描かれるとても暖かい絵が大好きです。

枠を作ることなく、自分を最大限に表現されていて、作家としてこういう活動の仕方をしたいなぁと憧れている方です。

 

内藤さんは、数いる憧れの人の中でも唯一の男性ですが、考え方がすごく好きな方です。

 

他にもあげたらキリがないのですが・・・

私が憧れる方に共通するところは、これ。

・深い愛を感じる
・自然体で一緒にいて(記事を見ると)癒される
・ふわっとした印象なのに、しっかりとした軸がある
・他人に左右されることなく、自分の世界がある

 

そう、やっぱり「愛」が一番。

愛を感じるからこそ、記事を見ているだけでも癒される。

エネルギーが充電されるような、愛いっぱいで包みこまれるような。

こっちに向かって発してきてるのではなく、ずっしり大きく手を広げて待っていてくれているような安心感・・・(余計伝わらない気がしますが・・・)

そんな感じがするんです。

 

そして、自分を最大限に表現する。

しっかりとした軸があり、世界観があり。

周りに左右されることなく、自分の世界を表現している人に憧れています。

 

 

ガーゼのふんわり感が大好きで、私らしさを表現できているとは思っているけれど、もっと私らしい何かが私の奥底にある気がしています。

自分を最大限に表現することで、救われる人がいる。

最近、そんなことを強く思う私がいます。

 

中尾亜由美さんの【なりたい自分を思い出す7つの質問】、2つ目以降の質問もまた書いていきますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA