私が落ち込むこと【なりたい自分を思い出す7つの質問】

こんばんは。野口久美です。

 

中尾亜由美さんの【なりたい自分を思い出す7つの質問】。

今日は、4つ目の質問です。

 

落ち込むことってなんですか?

4つ目の質問は、『落ち込むことってなんですか?』

 

これを考えたら、憂鬱になる。

これを考えたら、落ち込む。

 

そうですね〜。

あげるとすれば、『家事』かな。

 

今日やるべきことが予定通りに進まなかった時、夕方になって、ご飯を作ることがとっても憂鬱になります。

まぁ、大体の人はそうだろうな・・・と思いましたが、どうして憂鬱になってしまうのか、もう少し考えてみました。

私が家事が嫌になる、本当の理由

そんなに料理にこだわる方ではないので、基本的に焼くか、蒸すか、煮込むかの料理のみ。

1時間もあれば出来ちゃうのに、なぜ作るのが嫌になるのか。

ひとつは、片付けが嫌。

料理を作るのよりも、片付けをするのが苦痛だということ。

単に、嫌いなんですよね。

 

もうひとつは、うちでは、旦那さんは一切家事をしません。

今の職場に着く前は、時々お昼ご飯を作ってくれたりしていましたが、片付けはもちろん全くです。

年末年始に帰省するのに、私が子供を連れて数日家を空けようものなら、その分の食器が流しに溜まっています…。

もちろん洗濯物も。

 

旦那さんの実家は、すべてお義母さんがやります。

食べたご飯茶碗を流しに運ぶのも、お義母さん。

昼間は働いて、家事も完璧にして。

休みの日には、うちのご飯まで作って持ってきてくれます。

 

私の実家では、ご飯ができたらみんなで運ぶ。

食べた茶碗は自分で運ぶ。

茶碗洗いは子供が担当。

母が疲れていたら、子供がご飯を作る。

それが当たり前で育ったので、衝撃でした。笑

 

でね。

私は、家事を旦那さんに手伝って欲しいと思っているわけではないんです。

子供をお風呂に入れたり、遊んだりは、やって欲しいと思っています。

同じ『親』なので。

 

家事については、外で働いてきてくれてクタクタなので、私がやると思っています。

なんで私だけが?なんて、思わないです。

 

多分、完璧にやれてない自分が嫌なんです。

私はきっと、お義母さんと自分を比較されている気がしている。

仕事も家事も完璧にするお義母さんをずっと見てきた旦那さんだから、家事が完璧でない私に対して、不満があるんじゃないかって。

 

一度も言われたことありませんよ、不満なんて。

でも、お弁当が作れなかったり、手抜きご飯だったりする日に、旦那さんの顔色をうかがっている自分がいる。

『嫌われたら、どうしよう』って。

 

旦那さんに、嫌われたくないんですよね〜。

高校生の恋かっ!ってね。笑

 

そのことを考えると、確かに一気にやる気がなくなります。

仕事どころではなくなります。

じゃぁ、完璧にやれよって話ですが・・・

 

これから意識することは、

●家事をやることに意識を向けるのではなく、食べる幸せに意識を向ける

●お義母さんはお義母さん。私は私と、割り切る

掃除も一緒かな。

掃除しなきゃと思うのではなく、掃除をして綺麗な部屋になることに意識を向ける。

 

やらなきゃいけないなら、どうやって楽しむかだよね♪

春休みの間に部屋をすっきりさせようと子供たちと約束しているので、新年度まで持ち越さないように、明日は大掃除だな!

 

▶︎▶︎▶︎中尾亜由美さんの「なりたい自分を思い出す7つの質問」はこちら

▶︎▶︎▶︎【出産祝いにも大人気】思わず頬ずりしたくなるフワッフワの8重ガーゼケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA